何とかして建築業許可を取る方法

keikan

●経営業務管理責任者を建築業許可業者には必ず置いておかないといけません

そう簡単に言われても何のことやら分からないと思いますが、大まかに分けて以下の3通りが考えられます。

以下のいずれかを満たす人が申請会社の取締役か、個人事業者の本人または支配人、でなければ許可は取得できません。

1.取得したい業種の経営を5年以上やっていた場合。

(例)内装仕上工事を取りたい場合で、

今まで内装仕上工事の仕事をして個人で確定申告を5年以上していた場合とか、
内装仕上工事の仕事をしている会社の取締役を5年以上していた場合など。



2.取得したい業種以外の経営を7年以上やっていた場合。

(例)内装仕上工事を取りたい場合で、

今まで塗装工事の仕事をして個人で確定申告を7年以上していた場合とか、
土木工事の仕事をしている会社の取締役を7年以上していた場合など。



3.取得したい業種の経営の補佐を7年以上やっていた場合

(例)内装仕上工事を取りたい場合で、

今まで内装仕上工事の仕事をしている個人事業者の右腕として7年以上補佐していた場合とか、
内装仕上工事の仕事をしている会社の取締役の次の地位で7年以上経営を補佐していた場合など。



これらを満たすような方が、建築業許可業者には必ず常勤でいなければなりません。

かなり分かりにくいと思いますが、詳しく無料でご説明を受けたい場合は以下のページをご覧ください。

建築業許可のことなら、大阪建設業許可サポートセンター

powered by Quick Homepage Maker 4.74
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional